賃貸マンションで行こう!

契約時の流れ@

賃貸マンションを借りる賃貸契約の流れ

実際の契約の流れ

無事賃貸マンション物件を決めることができた後は、お部屋の賃貸に関する契約に移ります。賃貸契約に関する書類は自分でしっかりと確認しましょう。 広島 賃貸マンション物件が決まったら、入居申込書(賃貸契約書)の記入をします。申込書には自分の情報だけでなく、連帯保証人になってくれる人の情報も記入するので、事前に確認しておきましょう。

賃貸契約書・チェックポイント

  • 氏名
  • 住所(引越し前の住所)
  • 年齢
  • 生年月日
  • 勤務先
  • 年収
  • 同居人の有無
  • 続柄・連帯保証人の氏名等
  • 連帯保証人の現住所・勤務先・年収

(実際には不動産会社や賃貸マンションの家主の意向・地域などで賃貸契約内容が異なる場合があります。)

○申込金を預ける
賃貸マンションの賃貸契約の意思表示のため、通常は申込書の提出と同時に申込金が必要です。数千円から家賃1カ月分程度が多いようです。入居審査に通らなかった場合は返金されますが、ただし不動産会社や物件により金銭処理は異なるので必ず確認をするようにしましょう。また念のために、預かり証を受け取ることも忘れずに。

○入居審査
提出した賃貸契約書や必要書類は、不動産会社から貸主の手に渡り、入居審査が行われます。 チェックがされるのは安定した支払い能力や賃貸マンション内での風紀を乱すおそれがないかなどで、長くても1週間程度で賃貸が可能かどうかの結果が判明します。この間を利用して初期費用の残金支払い準備や連帯保証人への連絡などを行っておきましょう。

○重要事項説明
賃貸マンション仲介業者は必ず賃貸契約時に、重要事項の説明が義務付けられており、契約書に署名・押印する前に行われます。宅地建物取引主任者が、貸主・借主双方の権利や義務、契約内容を説明するので、疑問点があれば遠慮なく必ず質問するようにしましょう。聞いておける時に聞いておくことは、後々の賃貸マンションに入居した際のトラブルを未然に防ぐ役割もあるのです。

○契約手続と残金の納入
賃貸に関する重要事項説明の後、賃貸契約手続へと進みます。しっかり賃貸契約の内容を確認した上で、署名・押印をしましょう。そして初期費用の残金納入期限が伝えられたら、不動産会社の指示に従い早めに納入しましょう。予告なく納入が遅れた場合は契約の意思がないとみなされることもあるので注意しましょう。また、初期費用の入金は、正式に契約書を交わした後とすることもあるので、これも不動産会社への確認が必要です。

recommend

最終更新日:2016/12/2