賃貸マンションで行こう!

旧居の清掃

賃貸マンション引っ越す前に・・旧居の清掃

旧居の掃除もきちんとしよう

新しい賃貸マンションでの生活が始まるのに気持ちは傾いているかもしれませんが、発つ鳥後を濁さず・・ではありませんが、新しい賃貸マンション引越し前の旧居の清掃はかなり重要です。
特に前の住居も賃貸住宅などであった場合はなおさらです。賃貸契約が終わって部屋を貸主に明け渡す際、印象がよいに越したことはないですし、取れる汚れなのにキズと誤解され、敷金から差し引かれて困るのは自分なのです。

以下のチェックポイントを参考にして、新しい賃貸マンションへ引っ越す前にキレイに掃除しておきましょう!

○ガス台、換気扇など・・
ガス台や換気扇などの箇所は汚れがひどく溜まりやすい場所です。新しい賃貸マンションへ引っ越す前に、しっかり清掃しておきましょう。まずシンクに熱湯をためて、洗濯用洗剤を1つかみ溶かし入れて泡立てます。取り外したガス台、換気扇を入れて30分放置しておくと、洗濯用洗剤に油が溶け出します。その後、スポンジでこすればピカピカになります。 ベトベトした油汚れは小麦粉を振りかけてこするとキレイになります。また、キッチンの壁なども汚れの落ちにくい場所です。壁の乾いた油汚れは薄めた洗剤を吹きつけてラップをはり、少し置いてから強くふき取り、最後に全体をスポンジで水ぶきして換気を行えばスッキリするはずです。

○窓
窓ガラスに直接洗剤をふりかけ、新聞紙でこすると、新聞紙のインクの油分が汚れを落としてくれます。仕上げの乾ぶきも新聞紙で行うと良いでしょう。 桟の部分は割り箸に布を巻きつけたものや、使用済みの歯ブラシでゴミをかき出そう。鍵まわりなど部品部分も忘れずに行ってください。

○ベランダ
ほうきで掃く程度でOK。いらなくなったサンダルや物干などは置いて行かず、自分の手でしっかり処分しましょう。もし置いて行ったとしても、賃貸主から廃棄料をとられることもあるかもしれません。

○トイレ
便器の中はトイレ洗剤をつけたブラシで隅々までこすり洗い。外側は水ぶきすればだいたいの汚れは落ちます。

○お風呂
お風呂の水あかなどを落としましょう。お風呂のタイルはカビ専用の洗剤を塗って、しばらくしてからタイル目地ブラシ(先が斜めにカットしてあると便利)でこすります。 カビとりや髪の毛溶かしの洗剤はとても強いので取扱いに注意し、よく換気をしながら行ってみてください。

○床・壁・天井
壁、床のキズは市販の補修剤でかなりキレイに直せます。キズは補修対象になりやすいので頑張って丁寧に直しておくといいでしょう。

○カーペット
ホコリは使い捨ての化学ぞうきんでほとんどキレイに取れますが、頑固なものは洗剤とぞうきんで根気よくやればだいたいの汚れは落ちます。家具の重みでへこんだカーペットなどは、軽く水で濡らしてドライヤーで毛を立てておきます。

○玄関
下駄箱内のゴミをホウキで掃き出し、水ぶきしておきます。その後、玄関スペースを掃き掃除して完了。玄関 ドアの水ぶきも忘れずに行ってください。

早めの手続きで捨てよう!粗大ゴミ

○家電リサイクル法
テレビ・洗濯機・冷蔵庫・エアコンは粗大ゴミとして処理できません。 2001年4月から、家電リサイクル法がはじまり、不要になった「ブラウン管型テレビ、電気洗濯機・電気冷蔵庫・エアコン」の4品目を廃棄するときは、「買い替えをする小売店」か、「以前購入した小売店」で引き取ってもらうという決まりになっています。

○収集・運搬料金
それぞれの料金は各小売店および廃家電受付センターによって異なります。提示された料金を依頼した各小売業者および廃家電受付センターに支払ってください。

○リサイクル料金
リサイクル料金はメーカーにより異なります。小売業者をとおして支払うか、郵便局で振り込む方法が選べます。 (郵便局でリサイクル料金を振り込む場合は、別途振込手数料が必要です。)

おすすめWEBサイト 5選

貸会議室 東京駅

Last update:2017/6/29